bt7

“有名な大間のマグロをはじめウニ、イカ、タコ、ヒラメなどの海産物や大間牛などの農産物で生計を立ててきた大間町だが、漁獲量の激減で「もう生きられない」と将来の不安を嘆き、原発誘致を決めた。  そして、原発建設が宙に浮くと再び不安と不満が渦巻く。そこに垣間見えるのは、その地域ならではの特性を生かして主体的に努力を続けようというよりは、原発に頼り切った受け身の姿勢である”

西洋医学では治癒不能、末期がんの日本経済 国民一人ひとりの「ら抜き」精神が国を豊かにする

  1. mozuku0526 reblogged this from bt7
  2. bt7 posted this